ボレロ

毎年、この時期になると、『ボレロ』に参加しています。

 

年末に『第九』を聴いたり歌う方もいらっしゃると思いますが、我が家はラベル作曲『ボレロ』です。

 

少年の祭典『ボレロ』という物で、子どもから大人まで、どなたでも、どんな楽器でも参加できます。毎年、1000人を目指し、参加を募ります。

 

今年で25回目を迎えるそうです。『劇団あすなろ』という所が主催しております。

 

長男が小学6年生の時に『参加したい』と、チラシを持ち帰りました。

 

本番前に4回練習があり、公立小学校を借りて開催されます。長男の学校がその会場校にその年になっていました。

 

長男はリコーダーで参加、私は付き添いで一緒に行くと、『お母さんも一緒に歌いましょう!』と、半ば強制的に参加が決まりました。(笑)コーラスなんて、高校生以来やっていません。『声が出るかしら?』と不安になりましたが、『長男と一緒に同じ舞台に立てる事は、なかなかない!』と参加する事を決めました。

 

しかし、『ボレロ』にはもともと歌詞がなく、あすなろの先生方がスペイン語?で作られたそうで、全く分からない歌詞です。

 

デモテープをいただき、何回も何回も聴き、歌い、練習をしました。

 

同じパートの方ともお友達になりました。長男も大先輩のお兄さんやおじいちゃんにいろいろ教えていただいた様です。

 

さすがに3歳位から、90歳位のおじいちゃんも参加され、10分以上の曲をみんなで演奏した時は鳥肌が立ちました。

 

次の年からは、長男は中学校で吹奏楽部に入部し、ボレロにはトランペットで参加をする様になりました。

 

もちろん私も参加させていただきます。(笑)『ボレロ』の歌詞は変わりませんが、毎年その他3曲を覚えなくてはならなくて、毎年、悪戦苦闘します。

 

長女を授かった年は『参加をどうするか?』少し迷いましたが、歌を歌うとお腹をガンガン蹴っているのが止み、静かになります。『胎教に良いって本当?』と、思いました。

 

長女が産まれてからもベビーカーに乗せたまま体育館の練習に参加、どんな音がしていても、スヤスヤ寝ています。横でラストにドラが『ばあ〜ん!』と鳴っても寝ていた事もありました。やはり、大物です。(笑)

 

気がつくと今年で7年目になっていました。今年は長女はピアニカにチャレンジ!するそうです。一人で途中で眠らず、出来るかしら?

 

車の中が1番の練習場所で、運転しながら何回も歌ううちに長女の方が先に歌を覚えてしまいます。

 

しかし、思った様に声が出なかったりします。

 

『ん〜、難しい。声が出ないなぁ〜』と呟く私に、後ろの座席から長女が志村けんさん風に一言。

 

『ん〜、どうしたもんかね〜?』

 

大笑いをしてしまいました。

 

本番は12月19日、日曜日、教育文化会館、入場無料です。

 

 

ボレロ チラシ

 

 

←前へ                         次へ→

 

 

k_hoiku_tsudoiをフォローしましょう