小児喘息 その1

次男は、2歳前から風邪をひくと咳が酷くなる事が多く、ゼコゼコしたりもしました。

小児科の先生に『このままでは、小児喘息になるかもしれませんよ。風邪をひかさないように!』と、言われました。

 

『そんなこと言われても、お兄ちゃんと同じ様にしていても、風邪をひきやすいんだし、どうすれば風邪をひかなくなるのかしら?』と、その当時は悩みました。

 

しかし、結局、2歳過ぎに『小児喘息』と認定されました。

 

ティースプーン山盛り3杯位の粉薬を飲む事になりました。2歳児がその量を飲むのはとても大変でした。

 

好きなプリンやアイスに隠して、食べさせる様に飲ませた事もありました。

 

それでもイヤがり、薬を飲ませるのに、とても苦労しました。

 

おじいちゃん、おばあちゃん達には、『あんなに小さいのにこんなにたくさんの薬を飲むなんて、かわいそうに、かわいそうに・・・』と、言われました。

 

しかし、喘息ゼコゼコと発作をおこす方が苦しそうで、本当にかわいそうでした。なるべく発作をおこさない為に飲む薬だと説明をしても、なかなか分かってもらえませんでした。

 

小児喘息医療証もいただき、費用は助かりましたが、一度は病院窓口で支払いをします。一ヶ月以降に病院と薬局で点数の書類をいただき、役所の申請書類に記入をして提出すると、銀行に数カ月後に振り込まれます。

 

病気の子どもをかかえて、月一回の作業とはいえ二人分を別々にまとめて、提出するのは大変な作業でした。

 

すぐに数カ月分をためてしまい、役所の窓口でいつも怒られてしまいました。

 

今では、病院や薬局の窓口での支払いが簡素化され無くなりましたので、とても助かります。ありがたいです。

 

その頃、小児喘息の子ども対象の講習会があり、2歳の次男と0歳の三男を連れて参加しました。

 

『小児喘息は最後まで完治させないと、大人になって再発をする。

 

大人で喘息を再発すると、三倍ぐらい酷くなり、階段も昇れず、仕事ができない程、発作が酷くなる。

 

大人の喘息の8〜9割は小児喘息を完治してなかった為に起こる。

 

小児喘息になって、10年以内に治れば早いほう。大きくなると共に発作はなくなるが、途中で薬をやめてはいけない。

 

小さい発作を繰り返す子どもさんと、大きい発作を年に一回起こす子どもさんでは、大きい発作のほうが重症。』と、いう事などいろいろ教えていただきました。

 

他の参加者からのお話しも貴重で、『救急車で運ばれる程、発作が酷く、入院も何度もしている。除去している食べ物は、卵と、牛乳と他にもたくさんあり、食べられる物は・・・』と、いろんなお話しが聞けました。

 

『自分の子どもだけが大変なんだ』という思いは吹き飛び、『もっと大変な思いをしている方がたくさんいて、まだまだうちの子どもは元気なんだ。』とあらためて思いました。

 

そして、『2歳で小児喘息認定だから、12歳、中学生の頃に完治してれば早いんだ。でも、治りかけに気を抜かず、先生に『完治』と言われるまで薬は続けないと、これは親の責任だ!』と、再確認をしました。

 

 

←前へ                         次へ→

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    K子ママ (木曜日, 25 11月 2010 21:06)

    いつも楽しく拝見させてもらっています。
    うちの長男も喘息持ちです。といってもかなり軽く、内服も1種類ですが。
    何度か薬を止めるチャンスがあったのですが、いつもその前に発作が・・・。難しいですね。でも、焦らず「完治」を目指したいと思います。

  • #2

    はるこママ (土曜日, 27 11月 2010 20:11)

    K子ママさま
    コメントありがとうございます!
    二人目です!とっても嬉しいです!!
    我が家のドタバタ振りを
    笑ってやってくださいませ。

    こういう病気の事って、
    当事者でないとわからないことも
    多々ありますよね。

    ご長男も喘息もちですか。
    この時期、台風や気圧が変化することが多いので、
    不安定になりますよね。

    お大事にしてください。

    これからも喘息の事も
    書かせていただきたいと思っています。

    長い時間がかかる病気の一つだと思いますが、
    「気長」にお互いがんばりましょうね。

    また、よろしくお願いいたします。
    ありがとうございました。

k_hoiku_tsudoiをフォローしましょう