記憶力〜長男編〜

子どもの『記憶力』には、本当にびっくり!します。

 

長男は3歳児クラスから、保育園にお世話になりました。入りたての頃は、『帰りたい、おうちに帰りたい、ママに電話して〜!』と、大泣きをしたそうです。

 

そこで先生は、『後で電話番号調べて電話するわね。』と話して下さると、長男は『044−×××−××××』と、すらすら答えたそうです。

 

お迎えに行くと、『3歳児ですらすら自宅の電話番号を言える子どもさんはいないので、困ってしまいました。』と、先生は、笑っていました。

 

また、5歳頃、車に乗っていて、私に話して来ました。

 

『ママ〜この道、赤ちゃん〇舗の帰りの道だよね〜。』

 

その頃、近所には赤ちゃん〇舗がなく、五反田まで出かけていました。

 

私は少し方向オンチなので、迷わない様に、いつも同じ道を走ります。

 

五反田の赤ちゃん〇舗へ出かける時には、駐車場の位置などを考え、行きと帰りは違う道を走っていました。

 

しかし、その日は主人が運転をしていて、しかも赤ちゃん〇舗の帰りに通る道を『逆送』して走っていたのです。

 

いつもと同じ道を同じ様に走っていたならわかりますが、逆向きなのに分かるなんて!これには、びっくり!

 

主人は横で、『えっ?帰りの道ってなに?』と聞くので、同じ道しか走らない事を話すと、『どうやって覚えているのかな?』と驚いていました。

 

 

←前へ

 

 

k_hoiku_tsudoiをフォローしましょう