記憶力〜次男編〜

次男は小さい時から『虫』や『生き物』が好きで、保育園時代はお迎えに行くと『連れて帰る〜!』と手の平にたくさんのダンゴ虫を乗せている事もしばしばでした。

『保育園のダンゴ虫がいなくなるから、置いて帰るわよ。』と、話すとあきらめて保育園に逃がして来ました。

 

しかし、家に帰って来てから、『ダンゴ虫を飼いたい!』と小さな飼育箱に土と葉っぱを入れて飼い、とても小さく、乳白色の赤ちゃんダンゴ虫がたくさん孵化した事もありました。

 

喘息、アトピーがある為、どんなに生き物が好きでも、毛のある『猫、犬、鳥』などは飼う事ができません。

 

しかし、興味があるので、虫や小動物は飼いました。

 

カニ、ザリガニ、金魚、メダカ、カブトムシ、クワガタ、カメ、モンシロチョウ、揚羽蝶、夏休みに蚕300匹位を世話した時は大変でした。(笑)

 

とにかく、そういうのが大好きなので、飼い方の本なども端から買いました。

 

そして、その辺りに積んで置いておくといつの間にか読んで、端から記憶しています。

 

『だんごムシはね、『ムシ』って名前だけと、『虫』じゃなくて『甲殻類』だから、カニやエビの仲間なんだよ〜。葉っぱやコンクリート、段ボールを食べて、フンは肥料になるんだよ。毒もはかないし、害もないから手に乗せても大丈夫。くすぐったいけどね。』と、教えてくれます。

 

始めはこちらも知っていることがありますが、ある時から『この虫はね』とか『積乱雲はね』とか、こちらが知らない事まで記憶していて、びっくり!でした。

 

高校1年生になった今は、もっと難しい事を言われ、母はちんぷんかんぷんです。(笑)

 

 

 

 

←前へ                         次へ→

 

 

k_hoiku_tsudoiをフォローしましょう