スイッチ2

子どもには、「スイッチ」がある様です。

 

ただ、この「スイッチ」

なかなか親の思う様に、入って欲しい

「スイッチ」が入るとは限りません。(笑)

 

親は「勉強」や「手伝い」、「片付け」の「スイッチ」がいい!と思っていますが、子どもの「スイッチ」が入るのは、「マンガ」、「ゲーム」、「携帯」、「テレビ」などを「ダラダラやるスイッチ」。

 

親としては、こうして書いているだけでも、「キ〜!」となってしまいそうな事ばかり・・・(笑)

 

全く、どうしたらいいのやら?と悩み、

 

「わが子のやる気スイッチはいつ入る?」と、いう本を読みました。

 

これが実に面白い本で、読みながら笑ってしまいました。

 

あまり、私が笑いながら読むので、「何の本?俺も読もう」と中三の三男が読み始めました。

 

「実は、この本は君の行動をなんとかしたくて、悩み、買ったのだよ・・・」と、心で思いつつ・・・(笑)

 

中でも楽しかったのは、「子どもに「やる気」を出してもらいたい時に親にできることがあるか?

 

子どもの背骨の下から6つ目の関節のところに「やる気スイッチ」があるねで、そこを後ろからピッと押してみてください。」

 

きっと「やる気マンにヘンシーン!」と、勉強を始めるはずなんですが・・・冗談です。」

 

という文章です。

 

その本の裏には、正座をして、背中に手を伸ばし、「誰か押してください・・・」という表情で心細げに後ろを向く男の子が

 

「やる気スイッチON!!」とつぶやく絵が・・・

 

すると、体の柔らかい三男は

 

「俺、自分でさわれるよ〜!」

 

と、言うので、

 

「なら、自分でスイッチ入れてちょうだい〜!」と、叫んでしまった母です。

 

いつになったら、入るのかしら・・・?(笑)

 

主婦の友社

早稲田大学人間科学学術院教授

菅野 純さん

 

やきもきしている

お父さんお母さんへ

 

わが子の「やる気スイッチ」はいつ入る?

 

 

k_hoiku_tsudoiをフォローしましょう